髭を剃ると

今回は男の人の髭剃りについて書いていきます。
まず男の人の多くの人が髭を剃っていると思いますし、髭剃りと言っても、カミソリ派の人と電気シェーバー派の人で分かれると思います。

 

どちらがいいのか、どんなものがいいのか、メリット・デメリットを紹介します。
まずは、カミソリです。
・深剃りできるが肌への負担が大きい
・洗面所や入浴中に使用しなくてはいけない
・値段は安いがランニングコストを考えると高い

 

電気シェーバーは、
・肌への負担は少ないが深剃りが出来ない
・どこでも使用できる
・値段は高いがランニングコストを考えると安い

 

お金の面とお肌のことを考えると、電気シェーバーの方が良いのかなと思います。ですが、あなたが深剃りを選ぶのか、肌への負担を考えるのかはあなた次第だと思います。

 

そして、電気シェーバーなら値段が高ければ高いほど肌への負担が少ないですが、決して安いものではないので、10.000円以下くらいがいいと思います。
安いものなら、2.000円位〜で、高いものだと20.000円〜30.000円位だそうです。

 

カミソリなら、5枚刃が良いそうです。昔の物と違って、ヒリヒリ感がないそうです。
T字は、4個入りで1.000円の替え刃を2週間に1回替える場合、2年で約13.000円かかるそうです。

 

そして、水洗い出来るのか衛生面もしっかり考えるといいでしょう。特に夏は、細菌が増えやすいので、気を付けましょう。

 

他にも髭が濃い人、髭が多い人、肌が弱い・強い人によっても好みが違うみたいなので、自分の好みに合ったものを使い、肌に合わないものは、使用しないでください。
また、しっかり剃れるのか、音はうるさくないのか、お手入れが楽か、早く剃れるか、肌への負担が少ないか、維持費はなど選ぶ時のポイントがたくさんあるようです。

 

中には、髭剃りで失敗したこともあると思います。「カミソリ負け」や「朝剃ったのに夕方には伸びてきてしまう」や「剃った後肌がヒリヒリする」など経験した人も多いと思います。
髭を剃って切れてしまって出血してしまった人や、出来物が出来てしまった人もいると思うので、自分に合ったものを探さなくてはいけませんがなかなか見付けられない人もいるそうです。

 

昔に比べて今は女性が電気シェーバーなどを、旦那さん、父、彼氏にプレゼントする人も増えてきているそうです。女性もジョリジョリは嫌ですし、いつも清潔にしていて欲しいものです。オシャレ髭は良いですが、そうではなく伸ばしっぱなしは、女性からの印象が良くありません。

 

刃の枚数が増えるほど肌が荒れにくいそうです。2枚刃のカミソリと5枚刃のカミソリを使い比べてみた所、2枚刃はジョリジョリと剃れている音がして、普通に剃るのには問題がなかったが、逆反りした時にところどころ引っかかり出血をしてしまったそうです。
ですが5枚刃を使用した時は、すごく滑らかにそれ、普通に剃る時は引っかからず使用できましたが、逆反りでは鼻の下やあごの下を剃る時に手間取ってしまって肌が赤くなってしまったそうです。

 

こう比べてみると、2枚刃の方が出血などしていることから枚数の違いで使用感も違うことがわかりましたね。刃の枚数が多い方が、肌にかかる負担が分散されていることで肌が荒れにくいのだそうです。肌を傷つけたくはありませんし、肌の弱い人は、カミソリ選びの時に刃の枚数を考えた方が良いと思います。

 

そして剃り方も大切です。
まずは、髭が生えている方向に剃っていくことです。よくわからない人は、剃る前に髭の生えている方向を確認してみましょう。あごや首周りは人によって髭の生え方が異なりますので注意しましょう。

 

そして乾いている肌での髭の硬さは物に例えると、同じ太さの銅線と同じくらいの硬さと強さがあるそうです。ですので、乾いている肌のまま髭を剃ると、刃へ負担がかかってしまうので、必ず肌を水またはぬるま湯で濡らしてからにしましょう。濡らすことで髭を柔らかくしてシェービングすることで快適に髭を剃るっことが出来ます。
肌が濡れた状態にシェービング剤を付けると、より髭が柔らかくなり、摩擦も軽減して、より剃りやすくなります。ですので、シェービングも使うようにしましょう。

 

髭を剃る時は、自分が剃りやすい所から剃ると良いです。もみあげや頬の所から剃ると剃りやすいでしょう。あごや口まわりは、髭が硬いので十分水分を浸透させて柔らかくなってにして、最後に剃るようにしましょう。カミソリは、軽く滑らせるように動かしてください。

 

剃った後は、肌荒れを防ぐためにアフターローションなどを使いケアしてあげましょう。そして、使用したカミソリはしっかりすすぎましょう。シェービング剤が付いたままにしておくと刃の痛みの原因になりますし、傷みやすいです。

 

髭剃りをする時間帯ですが、よく仕事に行く前の朝起きてすぐ剃っている人がいますが、起きてすぐは、皮膚が体液で膨張していて髭剃りに適していないので、すぐではなく起きてから15〜20分経ってからにしましょう。15〜20分経つと肌が通常のハリに戻るようです。

 

ですので、起きてすぐの髭剃りはやめてください。

 

髭を剃るにも肌に負担がかかりますし、使い捨てを使うとお金がかかりますね。ですが、刃の枚数を変えるだけでも変わることがわかりましたね。
髭を剃る人は、ポイントを抑えて正しいケアをして、自分に合うカミソリ、シェーバーを見つけてみてください。ヒゲがそるのがめんどくさい時ってありますよね。そんな時に全身脱毛するとかなり良かったです。全身脱毛おすすめランキング|値段が安いサロンを紹介!